一器一憂

400pottery.exblog.jp ブログトップ

2015年 益子秋の陶器市を終えて。

b0338475_10413247.jpg

たくさんの方々にご来場いただいた陶器市。
今回も一度は雨に見まわれましたが無事終了する事ができました。
お越しいただいた皆さままことにありがとうございました。

陶器市では同じ場所での出店が慣例です。
展示会やクラフトフェアーなどと違い
全体のテーマや狙った方向性などもなく
一側面ではただただ景気に流されながらそれぞれの生活の糧を得るそんな場所かもしれません。
でも自分にとっては逆にルールがないからこそ純粋に今の自分の仕事、生活と向き合える
足元を見直すそんな時間でもあります。
今回も春からのイベントで作ってきた器達がずらりと並んで客観的に
この半年を振り返ると同時にまた新たな気持ちでこの先への制作のことを考えたりしてました。

また出店場所のTOKOPARKのメンバー間での意識も回を増すごとに
良い方向に向かっているように感じます。
その一つにはこの場所で毎回テーマを決めた作品づくりをしているからです。
今回は麦藁手がテーマで、各々の技法、素材での麦藁手づくりは一見それとは思えない
かもしれませんが普段しない事に挑戦するからこそ
新しい刺激や仕事の幅につながると思います。

自分は今回自己解釈で麦藁釉を作りましたが
ほのかに乳濁した釉に呉須で染付したものでした。
ありがたい事に気にいっていただけたお客様にもらわれていきましたので
今後また新たに作ってみたいと思ってます。

次回のこの場でのテーマは手捻りでの24㎝以上の花器づくり。
手捻り制作は学生時代以来かも、今から練習です。
もしご興味ある方がおられましたら次回春の陶器市作家さんへどうぞお尋ね下さいね。
きっと晴れ渡る笑顔か曇った苦虫顔が拝めると思いますよ。

麦藁手参加メンバー
TOKOPARK
勝村顕飛、近藤康弘、74工房、蓮見かおり、穂高隆児、前田美絵、山崎さおり
ゲスト参加
PEACE SPACE
伊藤叔潔、柳川謙治






最後に、今回の陶器市では
夕暮れ時の灯りを皆で考えました。
電源のない場所での強力なアイテムを昨日手にいれましたので春の展示での夕暮れの景色がまた
かわるかと思います。
アメリカ生まれの無粋なこいつをどう味付けしようかなと... 真鍮!?
少しずつ良い方向へ...。

ではまた


b0338475_12093168.jpg






[PR]
by 400pottery | 2015-11-06 13:00 | Comments(2)
Commented by 小森知佳 at 2016-04-06 08:53 x
以前、鬼子母神の手づくり市で作品を拝見させていただきました。益子の春の骨董市に出店ご予定おありでしょうか?近々都内周辺で展示などありましたら拝見させていただきたく、ご予定教えてくださいませ。
Commented by 400pottery at 2016-04-24 10:26
小森様、大変遅くなり申し訳ありませんでした。コメントへのご記入ありがとうございます。
春の陶器市出展させていただきます、場所はTOKOPARKです。近い東京での展示会は八王子、10➕さんにて6月2日より
2人展でお世話になります。また記事でご紹介させていただきますのでよろしければご覧ください。どうぞよろしくお願い致します。
line

四百窯 近藤康弘によるブログ。


by 400pottery
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31