一器一憂

400pottery.exblog.jp ブログトップ

益子での個展のお知らせ。

b0338475_08031365.jpg



益子陶庫さんでの個展も今回で7回目となります。


今年の夏は猛暑でしたが
そんな厳しい暑さの中、先輩作家さんの元で8月初めより5日間の穴窯の窯焼きをしました。
熱中症対策の為に食べた梅干しの数がどれほどだったか、
みるみる消えていく飲料にも自分たちでびっくりするほどでした。




b0338475_08032250.jpg




今回の展示では3分の1が薪窯焼成です。
あとの作品は今年は磁器土と益子原土を混ぜた半磁器での制作となっています。
また展示ギャラリーが例年の和室スペースから大谷石蔵のギャラリーとなっています。
例年とは少し違ったところを見ていただければと思います。
お時間ございましたらどうぞご覧下さい。




b0338475_08182920.jpg





第7回近藤康弘陶展

陶庫石蔵ギャラリー
2018年9月1日(土)〜9月13日(木)
営業時間10:00~17:00

会期中、土、日は在廊しています。


栃木県芳賀郡益子町城内坂2
0285-72-2082

[PR]
# by 400pottery | 2018-09-09 08:29 | Comments(0)

六月 京都 テノナル工藝百職さんにて個展。



b0338475_11185862.jpg

三年ぶりとなる、京都テノナル工藝百職さんでの個展のお知らせです。

「近藤康弘 陶展」

6/16(土)-24(日)
11:00-18:00
6/20(水)のみお休み
最終日6/24(日)は17:00で終了

作家在廊日
6/16(土) 6/17(日)


今回は特にテーマといったものは決めていないのですが
三年の間に変化した仕事の部分を展示できればなと思っています。

大きかったのは薪窯の窯焼きを幾度か経験したことでしょうか。

窯によって、又焼く時間、場所によって見事に焼きあがりは違うので
毎回失敗したり思っていたより良いものが焼けたりと色々変化があって面白い。

釉薬を変えてみたり土を変えてみたり。
型物は不向きなので轆轤仕事メインです。

いつか自分で窯を作ろうと思いながらも時間だけが早々と過ぎていきますが
どういった窯にするか借りぐらしでも経験こそが今は大事だと思っています。

白い半磁器のものは2月に焼いた濱田庄司さんの登り窯のもの。

窯変した様々な色を見せる一点ものの器達は先月焼いた穴窯焼成のものです。

もちろんオーバル皿や蓋物などの定番商品も
以前と土を変えたものをたくさんお持ちします。


どうぞ一つ一つ手にとって
ごゆっくりご覧ください。

京都でお会いしましょう。




b0338475_11190174.jpg












[PR]
# by 400pottery | 2018-06-04 11:55 | Comments(0)

2018年 「日々の器」展


八王子にある10+(TEN PLUS)さんで個展をさせていただきます。

二回目の展示会ということでどういった内容にしようかなとは悩みましたが、
作り続けている定番品を中心にして今回はスペシャルゲスト?としてつい先日益子で行われた
濱田庄司さんの大窯で焼かせてもらったものを出品します。

少し説明させていただくと
二回目となった今回の窯焼きは笠間の作家さんも参加しての総勢87名での参加でした。
場所とりは抽選ですがくじ運が良いのか悪いのか、当たったのは真ん中の部屋の中心部で
温度が最も高い場所ということでした。

なので普段使用している赤土だとへたってしまうなと判断し、
今回は自身初めての磁器土に挑戦しました。

ただそのままの磁器土では、なんとなく面白くないので、
それに単体では轆轤挽きするのが難しいぐらい砂っぽい掘ってきていた益子の原土を加えて
さらに知り合いからいただいていた木節粘土の原土を加えての半磁器としました。
自分でおもいつく限りの火に強い最強のコンビネーションです。

窯焼きもその部屋は自分が当番にしてもらって先輩に指導してもらいながら
見事ぐんぐん温度を上げていって最高温に達して無事焼き終えました。
あまり温度が高くなってくると発光してくるんですね。
登り窯ならではのとても美しい光景でした。

今回その焼きあがったものを並べますので宜しければご覧ください。
見所は土味というか石味というか土石アジです。

あとほんの少ししか無事に焼き上がらなかった急須も
何年越しかでようやく作った、益子の土だけで無釉で作りたいなと思っていたものです。
ものすごく細かく漉したあと一年粘土を寝かせてようやく作ったものです。
見た目になんてことはなくとも思いいれは結構あって、今回作ったうちのちょっとだけ無事に形になったものなのでぜひ見て欲しいです。
(市販の益子の粘土だと多少砂目なので無釉だと漏れる可能性がある...いや漏れる)

24、25日在廊しますのでどうぞよろしければ。



近藤康弘 日々の器

会期
2018/2/24(土)ー3/4(日)まで

定休日 26(月)

10+(TEN PLUS)

東京都八王子市八日町10-19
tel 042-649-7905

営業時間
11:00-18:00










[PR]
# by 400pottery | 2018-02-23 22:25 | Comments(0)

秋の声 暮らす道具 三人展のお知らせ。

b0338475_20423085.jpg


京都、テノナル工藝百職にて三人展を行います。

陶・近藤康弘 木・小塚晋哉 金・yuta須原健夫


このメンバーでの展示会は二回目ということで年が明けてからすぐに店主の渡邊さんとの四人で
メールでの打ち合わせをしてきました。
振り返ってみるとそのメールの厖大さは驚くほどです。
内容は展示をどうこうするという以外に
お互いをより知るということがテーマでした。

グループ展、クラフトフェアなど数々の作家さんとの出会いはありますが
なかなかお互いを深く知るまでには至りません。
同じ焼き物屋同士なら話が早いところもありますが
ジャンルの違う作り手となるとなかなか普段どんな生活を送っているのか知ることはできません。

年が近いこともあり旅行でもするか〜といった話もでて、どうせなら
海外でもぶらりと行くかという案もあったのですが、
結局お互いを知るというテーマでそれぞれの工房で合宿をしました。
一日目は真面目に仕事、二日目は好きなところを巡る。
そんな内容でした。

普段付き合いは長くとも作品しか見る事がなかったわけですが
仕事の工程を順に見せてもらい焼き物とは全然違う工程があったりで非常に楽しい時間でした。
またそれぞれの職種の違いから同じものをみても受け取り方が違うし、専門のことに
関しては見るとこが違って、教えてもらうこと多々でした。

その時間が今回の展示にどういった作用となるのかは自分達でもまだわかっていないのですが
お互いをより知って、互いを尊重する気持ちが作るものの向上につながっているといいなぁとそう思います。

23日、24日は三人ともに在廊しますのでお会い出来れば嬉しいです。





b0338475_22202637.jpg




秋の声 暮らす道具

陶・近藤康弘 木・小塚晋哉 金・yuta須原健夫 三人展

Exhibition:2017/9/23 sat-10/1 sun
Yasuhiro kondou/ceramic
Shinya Kozuka/woodwork
Takeo Suhara/metalwork


手しごとの器・道具 
テノナル工藝百職

〠606-8397
京都市左京区聖護院川原町11-18
tel 075-200-2731
営業時間 11:00-18:00
最終日のみ17:00終了 
期間中9/27(水)のみお休み





[PR]
# by 400pottery | 2017-09-22 21:51 | Comments(0)
line

四百窯 近藤康弘によるブログ。


by 400pottery
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31